トルクメニスタン・地獄の門とウズベキスタン・船の墓場
旧ソ連時代下に起こった出来事によって引き起こされた
あなたの知らないシルクロードがそこにある



※画像は全てイメージとなります。

 

≪主な見どころ≫

  • ♠近年話題の新スポット“地獄の門”♠

    1971年の旧ソ連時代、ガス田開発用のボーリング調査を行った際に落盤事故が起きてできたクレーター。
    放出される有毒ガスを食い止める為に人為的に着火されましたが、可燃性ガスが噴き出るため今もなお燃え続けています。
    カラクム砂漠の真っただ中にあり、周囲に建物などの人工物が無い為、夜には漆黒の闇へと変わります。燃え続ける炎はまるで地獄への入り口の様に感じられます。

    想像以上に暑さを感じる風に吹かれてゆらめく炎

    近くの小高い丘より遠望

    2018年設置の転落防止柵

    かつて採掘装置が設置された基礎部分の鉄骨がむき出しになっている

    あたり一面砂漠の中、轍の跡をたどって行く

    カラクム砂漠の風紋

     

    ♣かつて世界でも有数の面積を誇った“湖”アラル海♣

    一般的には旧ソ連時代の大規模な灌漑工事による流入量不足とされていますが、アラル海とカスピ海は地下でつながっており、アラル海の水がカスピ海に流れ込んでいるという説も。

    船の墓場モニュメント

    船の墓場―白く見えているのは、塩ではなく雪です(2018年12月撮影)

    船の墓場

    船の墓場

    あちこちに点在していた船舶が、国連事務総長の声掛けにより一か所に集められた船の墓場

    かつては漁業の街として栄えたムイナクの街 奥の建物は往時の営みを伝える博物館

 

  • ♥まだあまり知られていない塩湖♥

    中央アジアの“ウユニ塩湖”とも称されるバルサ・ケルメズ塩湖。晴れている日には真っ白な世界が眼前に広がります。

    バルサ・ケルメズ塩湖

    バルサ・ケルメズ塩湖

    ウスチ・ユルト台地

    ウスチ・ユルト台地

 

♦世界遺産とロシア・アヴァンギャルド♦

トルクメニスタンにあるホラズム時代の遺跡群、世界遺産『クフナ・ウルゲンチ』とヌクスにある旧ソ連時代の抑圧を免れたロシア・アヴァンギャルドの宝庫サヴィツキー美術館を見学。

青の装飾タイルが美しいテュラベク・ハン廟

中央アジアで最も高いクトゥルグ・ティムール・ミナレット

アヴァンギャルドの宝庫 サヴィツキー美術館

代表作 ルイセンコ『雄牛』

 

≪旅のスケジュール≫

日程 発着地・現地時刻 スケジュール(予定) 宿泊・食事
1 日本各地発 午前
ソウル着 午後
ソウル発 夕刻
タシケント着 夜
アシアナ航空または大韓航空定期便(別手配)にてソウルへ。
着後、お乗り継ぎ。
アシアナ航空または大韓航空定期便(別手配)にてタシケントへ。
着後、日本語ガイドと専用車にてホテルへ。
チェックインのお手伝いをいたします。
ホテル 泊
朝食:×
昼食:機
夕食:機
2 ホテル発 05:30
タシケント発 07:25
ヌクス着 09:05
~国境~
ダルヴァザ着 17:30
日本語ガイドと専用車にて空港へ。
ウズベキスタン航空定期便にてヌクスへ。
着後、日本語ガイドと専用車にてトルクメニスタンとの国境へ。
出入国審査後、トルクメニスタンの英語ガイドと合流。
英語ガイドと専用車にてでこぼこ道路をカラクム砂漠を通ってダルヴァザへ。
途中、世界遺産クフナ・ウルゲンチ観光。
夕刻から漆黒の闇へと移り行く中、燃え盛るガスクレーター地獄の門見学。
テント又は民家 泊
朝食:B
昼食:R
夕食:R
3 ダルヴァザ発 08:00
~国境~
ヌクス着 15:30
英語ガイドと専用車にてウズベキスタンとの国境へ。
出入国審査後、ウズベキスタンの日本語ガイドと合流。
日本語ガイドと専用車にてヌクスへ。
着後、旧ソ連時代の抑圧により衰退したロシア・アヴァンギャルド作品の宝庫サヴィツキー美術館観光。
ホテル 泊
朝食:H
昼食:R
夕食:×
4 ヌクス滞在
ホテル発 08:00
~バルサ・ケルメズ塩湖~ムイナク~
ホテル着 19:00
日本語ガイドと専用車にてかつてのアラル海へ。
ルート66』のような雰囲気がある郊外をひた走り、『中央アジアのウユニバルサ・ケルメズ塩湖へ。
その後、漁業の街として栄えたムイナクでは博物館とアラル海を象徴するモニュメント船の墓場見学。
観光後、ヌクスに戻ります。
ホテル 泊
朝食:H
昼食:R
夕食:×
5 ホテル発 08:00
ヌクス発 09:45
タシケント着 11:05
日本語ガイドと専用車にて空港へ。
ウズベキスタン航空定期便にてタシケントへ。
着後、日本語ガイドと専用車にて市内観光へ。
<チョルスーバザール、ナヴォイ劇場、ウズベキスタン歴史博物館、地下鉄乗車体験>
ホテル 泊
朝食:H
昼食:×
夕食:×
6 タシケント滞在
ホテル発 夜
タシケント発 夜
<終日自由行動>
日本語ガイドが同行いたしますので、市内散策やショッピングなど思い思いにお過ごしください。
日本語ガイドと専用車にて空港へ。
アシアナ航空または大韓航空定期便(別手配)にて帰国の途へ。
機内 泊
朝食:H
昼食:×
夕食:機
7 ソウル着 午前
ソウル発 午後
日本各地着 夕刻
着後、お乗り継ぎ。
アシアナ航空または大韓航空定期便(別手配)
着後、解散。お疲れ様でした。
― 泊
朝食:機
昼食:×
夕食:×

※1 食事マーク: H=ホテル、機=機内、R=レストラン、キャンプ、民家等、B=弁当(朝食ボックス)、X=なし
※2 食事回数: 朝食=5回、昼食3回、夕食1回
※3 ウズベキスタンとトルクメニスタンの国境間は徒歩での移動となります。緩衝地帯を約1km程度ご自身で荷物を持って歩いていただく必要があります。
※4 ダルヴァザでの宿泊は、現地天候によりテントまたは民家泊となります。いずれもシャワーやトイレ設備は備えておりませんのでご注意ください。
民家泊の場合、いわゆる雑魚寝となり、個室のご用意はございません。
※5 バルサ・ケルメス塩湖の湖岸には足元の不確かな崖のような急こう配を上り下りする必要があります。湖岸までは片道約30分程度歩いていただきます。
※6 塩湖での景観は自然現象により左右されます。必ずしも絶景をご覧いただけるわけではありません。
※7 現地訪問先の事情等により、日程が前後する場合がありますのでご了承ください。
※8 日程表内のスケジュールは目安となります。
 

 

≪宿泊ホテル≫

◎タシケント/ウィンダム・タシケント☆☆☆☆

高級感ある外資系4つ星ホテル。
ティムール広場の北側に位置し、絶好のロケーション
地下鉄アブドゥラ・コディリ駅の道路向かいでアクセスも良い。
明るい雰囲気で従業員のサービスも好評価。Wi-Fi無料。
客室は2017年に全面改装済み。

◎ヌクス/ジペック・ジョリ☆☆☆

ホテルの選択肢の多くないヌクスの街中で、設備やサービス面で快適に滞在できるホテル。
サヴィツキー美術館の裏手に位置し、落ち着いた環境。
近くにはスーパーもあるので便利。

 

≪出発日&参考旅行代金≫

2019年11月1日(金)~2020年3月24日(火)まで
毎週日・火・水曜日出発 参考旅行代金
日・火曜日発 大韓航空利用
水曜日発 アシアナ航空利用
¥238,000~

※上記旅行代金は2名様1室利用時のお1人様あたりの金額となります。
※旅行代金には、現地滞在に関わる費用のみが含まれ、航空券代金や渡航手続き費用等は含まれておりません。
※1名様のみでツアーご出発の場合には、別途追加料金が掛かります。
※日本~タシケント間の往復航空券は、お客様ご自身にてお求め頂いても結構ですし、マイレージを使用した特典航空券でも結構です。
※日程上自由食の際にガイドが同席する場合には、ガイド分のお食事代もご負担ください。
※添乗員は同行いたしません。
※上記旅行代金はあくまでも当該モデル日程に対する参考金額となり、お問い合わせ時に随時お見積りいたします。

 

≪ご旅行条件≫

手配旅行契約となります。
旅行業約款につきましては、下記サイトよりご確認ください。
http://www.russia.co.jp/user-etc/tehaiyakkan.htm

 

まずはお問い合わせください

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

性別
男性女性

年齢

希望する出発日を記載ください(記入形式例:2019-07-31)

予定人数

当社は何でお知りになりましたか
前に利用したことがあるGoogleの検索YAHOOの検索BINGの検索当社ブログ当社FACEBOOK当社ホームページ新聞・雑誌旅専口コミ・紹介その他

その他(お問合せ、ご希望、ご不明な点など)