現代的な美術館「ガレージ」

今回ご紹介する「ガレージ」は、2008年に設立された歴史の新しい美術館で、現代美術と文化を発展させる目的でスタートしました。
「ガレージ」はその名の通り、元々はロシア構成主義建築で有名なコンスタンチン・メ―リ二コフが手がけた「バフメーチェフスキー・バス・ガレージ」にありました。その後、ゴーリキー公園へ移り、ソヴィエト時代から続くレストラン「ヴレメナ・ゴ―ダ(四季)」を改築し、2015年に現在の場所で再出発したとのことです。
限りなくシンプルな建物の中で、毎回様々な現代美術とアイデアを駆使した企画展で、次から次へと私達を楽しませてくれます。モスクワは歴史的な博物館や美術館も素晴らしいですが、それとはまた違った魅力がここにはあると思います。
時間の限られた観光での美術館見学はトレチャコフ美術館やプーシキン美術館で精一杯、という事も多いと思うのですが、もし時間が許すのであればゴーリキー公園の散歩と共に、是非足を運んでいただきたい美術館です。
今回は偶然にも日本の現代作家・村上隆さんの特別展。日本文化への関心の高さを思い知る人の多さでした。洗練された建物に足を踏み入れるとすぐに目に飛び込んでくるオブジェにチケットを買う前から期待が高まります。

それでは、ワクワクが止まらない館内をご紹介しましょう!!

ゴーリキー公園に入ると美術館「ガレージ」が見えてきました!

「ガレージ」はゴーリキー公園にあります。公園内ではスケートも楽しめます。美術館「ガレージ」は文字通り、ガレージだったところを改造して作られた美術館です。

[wc_row]

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

ガレージ美術館

ゴーリキー公園の門を入って斜め左方向に進みます。
門にはフィギュアスケートのライトアップが。

[/wc_column]

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

ガレージ美術館外観

美術館の外観はロシアらしからぬシンプルさ。入口も高級ブティックのような感じです。

[/wc_column]

[/wc_row]

何と、トイレまでアヴァンギャルド!!

シンプルな外観とは対照的に、中に入るとやはりアヴァンギャルド!!トイレに行ってびっくりしました。

[wc_row]

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

トイレへと続く階段

トイレへと続く階段。徹底して特別展のイメージに仕立て上げられています。

[/wc_column]

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

トイレ前のスペース

ここはトイレ前の大きな鏡のあるスペース。ロシア人女性の格好の撮影対象になっています。

[/wc_column]

[/wc_row]

休息スペース

ワークショップ横に設置された休息スペース。パネルの村上隆氏に見守られ、すっかりリラックス。

展示スペースはこんな感じ・・・

展示スペースはいろいろな工夫がされており、なるほど・・・、と思わせるところが結構ありました。展示物もユニー
クで、さすがは現代美術と文化をターゲットにしている美術館だと思いました。

[wc_row]

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

工夫された展示スペース。

壁のパネルの他に、天井から作品を斜めに吊るした展示方法。いろいろな工夫がされています。

[/wc_column]

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

子供向けオブジェ

今回は子供も楽しめるオブジェがいっぱい。退屈している子はいません。

[/wc_column]

[/wc_row]

フィギュアの道

ここはフィギュアの道。左右に無数の小さいフィギュアが所狭しと飾られていました。

[wc_row]

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

日本の伝統文化

日本の伝統美術をテーマにした渋い作品が多いブース。みなさん、じっくり見学をしていました。

[/wc_column]

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

カワイイ

「カワイイ」をテーマにしたブース。壁も床も芸術作品。その中に自分も含まれている感じが体験できます。

[/wc_column]

[/wc_row]

マスタークラスが開かれていました。

今回の特別展は日本がテーマ。そのテーマにちなんで扇子を作るマスタークラスが開かれていました。
絵を描いたり、紙を均等に折ったり。細かい作業は難しくても、楽しそうです。手話を使って教えているスタッフもいました。

[wc_row]

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

ワークショップ

ワークショップは親子参加も多かったですよ。

[/wc_column]

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

折り紙

細かい作業は苦手でも、皆熱心に取り組んでいました。

[/wc_column]

[/wc_row]

館内エクスカーションを利用することもできます。

館内にはスタッフが案内するエクスカーションもあります。一般客より優先されますので時間を有効に使って、
しかも有意義に見学をすることができます。

[wc_row]

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

館内エクスカーション1

ロシアでは子供の頃からこういったエクスカーションを使ってロシアや海外の芸術について見聞を広めます。

[/wc_column]

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

エクスカーション2

女の子のスタッフはお兄さんに夢中で質問しています。

[/wc_column]

[/wc_row]

エクスカーション3

大人の団体にも出会いました。英語での対応もあり、便利です。

ミュージアムショップもありますよ。

カフェからワークショップブースまでの階段が全てミュージアムショップになっています。
美術に関する本や、雑貨、ポストカード、そして以前に特別展があった草間彌生さんの本もありました。カタカナで書か
れた、ガレージオリジナルトレーナーも。わかる人にはわかるお土産です。

[wc_row]

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

ミュージアムショップ

日本語で書かれたガレージオリジナルトレーナー。ちょっと面白いです。

[/wc_column]

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

ミュージアムショップの本

草間彌生さんの本はコレ。モスクワで出会うとはびっくりです。

[/wc_column]

[/wc_row]

 

以上、今回はモスクワの現代アートのスポットをご紹介いたしました。美術というと油絵やヨーロッパ美術といった
イメージがあるかと思いますが、モスクワで体験する最先端の芸術はまた違った目でモスクワを見られるきっかけ
になるかと思います。これからもモスクワの新しいスポットを紹介してゆきますね!