■お見積もり依頼書 ↓    
 
Россия (1番列車-ロシア号)
ウラジオストク・モスクワ間を運行する列車の中では最も快適で最速の列車がロシア号で鉄道ファンの憧れの的にもなっています。1等のコンパートメントにはテレビやラジオがあります。また、ロシア号は国内列車としては世界最長距離の列車で、その走行距離は9,259km、所要時間は146時間(62時間)に及びます。ロシア号はシベリア鉄道を経由してユーラシア大陸を横断し、7つのタイムゾーンを通過します。
20096月には、老朽化していた車輛が更新され新型車輛の61-4440系が投入されました。
クラスは2名個室の1等車と4名個室の2等車からなります。レストラン車が連結されています。

○1等車(ソフト・クラス)の魅力
二つのベッドが向かい合わさった二人用のコンパートメントです。昼間はベッドをソファとして利用。窓辺には花が飾ってあったり、カーペットやカーテンは2等と違い落ち着いた雰囲気があります。老夫婦やハイソな女性達が利用しています。
ロシア号先頭車両 プラットホームで記念撮影