日帰り・世界遺産古都ノーヴゴロド Новгород に佇む
862年リューリク(ノルマン系ルス族のバイキング)がノーヴゴロドに入り、ルーシ(ロイア)を建国、ロシア最初の国家(公国)を設立。サンクトペテルブルクから南180km、イリメニ湖に流れるヴォルホフ川のほとりの人口約29万人、ヴォルホフ川に面し、世界遺産ノーヴゴロド・クレムリンを中心に徒歩で回れる。バルト海からカスピ海への交易路、ハンザ同盟との貿易で栄えるが、1478年モスクワ公国に破れ、静かな地方都市となっている。白夜の夏の夕方はヴォルホフ川で泳いだり、バーベキューパーティ、ミニクルーズ、散歩を楽しんでいる。11世紀建造ロシア最古の建物ソフィア聖堂、イコンとノーヴゴロドの歴史博物館、船の目印となった聖ユーリエフ修道院、ヤロスラフ賢帝の宮廷跡、駅などが見どころです。
クレムリンを中心に土塁に囲まれた旧市街の中の世界遺産の建物群と野外木造博物館、民芸センター、郊外には日ロ戦争時の日本人捕虜収容所メドヴェージ村やドストエフスキーが愛した小古都スターラヤルッサとドストエフスキーの家博物館もある。