世界遺産コローメンスコエ(大公園)
コローメンスコエ公園はモスクワの南に位置した、モスクワ河岸の高台にあります。一番の見どころはユネスコの世界遺産に登録されているコローメンスコエの主の昇天教会です。1532年ヴァシリー3世が後のイワン雷帝の誕生を祝して建設された教会、主に14〜17世紀の教会や木造建築の数々が点在します。。
土・日はたくさんの人出があります。カフェやレストランも多く、シャシリクパーティが開かれたり、子供用のアトラクションもあります。地下鉄でも30ルーブルで行けます。コローメンスコエ地下鉄駅で降りて10分ほど歩くと入口です。入場料は無料ですが、建物の内部見学は有料です。歴史にあまり関心がない方でもここでのんびり一般の人達と遊びながら時間を過ごすことをお勧めします。日本人にとってはのんびりしていて自然の中にひたることができるのでお勧めです。
場所的には市内から、日本航空などが到着するドモジェドボ空港へ行く途中にありますので、日本航空等を利用される方は、帰国日に立ち寄るのがおすすめです。

オプションの場合
4時間:日本語ガイドと専用車と入場料付き。
料金:38000円(2名様までの料金)
37000円(2名様の場合の1名様料金)