冬の楽しみ・ゴーリキー公園でアイススケート
スケートをしに行こう!
 11月15日にモスクワのゴーリキー公園でヨーロッパでの最大のスケート場が今年もオープンしました。
去年の冬、このスケート場はモスクワ市民とモスクワ滞在者にとっては大きな喜びでした。
 アイススケート好きの冬の楽しみゴーリキー公園のスケート場はモスクワ市民とモスクワ滞在者にとってモスクワにおける大好きな遊ぶ所の一つで、今年は、去年よりもずっとよくなりました。
1つ目は、子供専用のスケート場がオープンしたことです。その面積は800平方メートルになりました。子供だけのためのスケート場ですので、両親は心配しないで、子供を連れて来ることができます。また、大人たちは子供たちといっしょうにスケート場でスケートをして、すごく楽しみます!
2つ目に、スケート初心者向けの新しいサービスが開始しました。初心者のためのアシスタントが15名スケート場に加わりました。もし、スケートをすることが初めてでしたら、こわがらないでください。アシスタントが、必ず、助けてくれます。
3つ目は、4箇所のレンタルカウンターがオープンしました。そこではスケート靴だけではなく、膝当てと肘当てもレンタルすることができます。
スケート場のデザインも変わりました。スケートリンクの氷の中に3万3千の光ダイオードが埋め込まれました。それによりスケート場は星空のようになりました。あちらこちらに彩色の光がきらきらして、とても美しくて、おとぎ話のようです。
 スケート場には様々なレストランと喫茶店があります。その床が特別に作られていて、スケートをする人たちが疲れると、スケート靴のままで喫茶店に入って、おいしいコーヒーを飲んで、暖まることができます。
スケート場の面積は1万8千平方メートルで、ヨーロッパで最も大きなスケート場です。去年、4ヶ月間で50万人の入場者数を記録しました。スケート場のオープンの時に大勢の人たちが着て、入口 に長い列を作りました。現在、スケート場のサイトでe-ticket を買うことができます。(http://bigkatok.ru/) オ−プンに来たほとんどの人たちは若者で(女の人たちも男の人たちも)、しかし、子供たちも大人もいました。みんながはスケートすることが好きです!
 スケート場のオープンは大きなニュースになりました。大勢の人たちが来て、スケートをする俳優達が出演して、スケート場に来た人たちに白い風船、フルーツキャンディーをくれました。とても素晴らしいお祭りになりました!
今シーズンは、2014年3月15日までのオープンの予定です。

開場時間 午前10時〜午後11時 (休憩時間 午後3時〜午後5時) 休館日 月曜日 
入場料 200−300 ルーブル スケート靴一足の供託金 1000 ルーブル  交通 地下鉄、コリツェワヤ線、オクチャブリスカヤ駅
ムードを盛り上げる照明や売店・軽食店・バザールもある。スケートリンクは大スケートリンク、ダンススケート専用ゾーン、児童ゾーン、アイスホッケーリンク、フィギュア・スケートリンクがある。
夜は、イルミネーションがきれい。
夜11時まで営業している。 夜間に明るい照明の下で滑るのが醍醐味。
株式会社ロシア旅行社
添田
東京都千代田区五番町5−1第八田中ビル5階
電話:03-3238-9101、ファックス:03-3238-9110
●トップ・ページへ →
■モスクワ・サンクト・ペテルブルク6日間 ■モスクワ5日間
  モスクワ一の遊園地ゴーリキー公園へ行こう。
モスクワでも有名なアミューズメント・パークで休日はカップルや家族連れがたくさん訪れます。入場は無料。公園は朝10時から夜10時までオープン。
場所は地下鉄パルク・クリトゥールィ駅とオクティヤブリスカヤ駅の間にあります。
公園にはロシアのスペースシャトル・ブランのモデル機があり,ジェットコースターや大観覧車がある大きなアミューズメント・パークとなっています。広い敷地でボートに乗ったり、自転車やスケボーを楽しんだりして、カップルや家族連れ若者が多い憩いの場。野外コンサート場があり、時々コンサートも行われています。夏はテント小屋でサーカスも見ることができます。上野公園のようです。
株式会社ロシア旅行社
添田
東京都千代田区五番町5−1第八田中ビル5階
電話:03-3238-9101、ファックス:03-3238-9110
●トップ・ページへ →