オーダーメイド旅行  ベーリング海に浮かぶベーリング島探検。     (モデルコース)   
2名様より毎日発  トド、ラッコ、アザラシ、オットセイの大棲息地。
 ベーリング島11日間 
コマンドール諸島(ベーリング島)
コマンドール諸島は1741年にロシアの将軍ベーリングによって発見された島です。大小2つの島よりなり、北の島は各県上海の将軍ベーリングにちなんで「ベ−リング島」、南の島を「メードニー島」(幅10キロ、長さ55キロ)、そして島々を「コマンドール諸島」(ベーリング将軍の意)といいます。
ベーリング島は幅45キロ、長さ95キロになだらかな丘陵の島です。肉食のっ熊が生息していないため、動植物の宝庫で、トド、ラッコ、アザラシ、オットセイの一大生息地になっています。特に、オットセイは、アメリカのブリストール湾につぐ世界第2の生息地で、ベーリング島8万頭、メードニオー島4万頭、あわせて12万頭も生息しています。
また、島にも関わらず野生のトナカイ(カリブ)も生息しており、べーリング島に約220頭、メードニー島に約250頭生息しています。北東のサランノエ湖には、毎年夏になるとベニザケの大群が産卵のために遡上してきます。
ベーリング島は、海洋狩猟民族アウレーティ人が約230人、純粋なアウレーティ人が約60人ほど住んでいます。アウレーティ語がわかるのはたったの5人です。ベーリング島の中心ニコリフスコエ村には、ベーリング記念碑があります。
  発着地/現地時刻 予定のスケジュール   食事
 
@ 成田空港発14:25
ハバロフスク着18:20

S7-568便
専用車でホテルへ

    (H.インツーリスト泊) × X X
A ハバロフスク発11:25
ペトロパブロフスク着16:15
S7-3507便
着後、専用車でホテルへ。
    (H.アヴァチャ泊) H X X
B
ペトロパブロフスク発11:00
朝食後港へ
小型船でベーリング島へ出発。
    (船内泊) H X X
C ベーリング島着24:00 昼食、夕食は船で
    (船内泊)
D ベーリング島滞在 終日、ベーリング島見学。
食事は船で
    (船内泊)
E ベーリング島滞在 終日、ベーリング島見学。
食事は船で
    (船内泊)
F ベーリング島滞在 終日、ベーリング島見学。
食事は船で
    (船内泊)
G ベーリング島発07:00 食事は船で
    (船内泊)
H ペトロパブロフスク着20:00 着後、ホテルへ。
    (H.アヴァチャ泊) X X
I
ペトロパブロフスク発17:45
ハバロフスク着18:55
出発までフリー
S7-3508便
着後、専用車でホテルへ。
    (H.インツーリスト泊) X X
J
ハバロフスク発11:50
成田空港着13:35
専用車で空港へ
S7-567便
着後、解散。
        H X ×
 
■出発日と旅行代金
7月〜8月の間
  料金お問い合わせ下さい。
■添乗員:同行しません。
■最少手配人員:2名様
株式会社ロシア旅行社
                 担当:中出
東京都千代田区五番町5−1第八田中ビル5
電話:03-3238-9101、ファックス:03-3238-9110
●トップ・ページへ →