2/17発 せっかくだから祭の日に行く。全日程日本語ガイド付き。新春の風物詩マースレニッツア祭とのどかな人々の暮らしに出会う世界遺産の街スーズダリ。モデル日程
 祭り古都スズダリとモスクワ7日間 
http://www.suzdalinn.ru/upload/maslenitsa-1.jpg
http://www.suzdalguide.com/festivals/shrovetide.jpg,Image result for суздаль колокола
教会で金の音を聞くと福を呼びます。
 マースレニッツア祭
マースレニッツア(冬の終わりの祭)とは  
キリスト教が入る以前からロシアは民衆の祭りとして盛大に行われていた冬送り祭(春の迎え)。初冬の象徴わら人形(マースレニッツア)を作り、仮装・仮面、陽気に歌い踊りさまぎまな遊びをして祝います。そして親類・知人への訪問と贈物の交換などでも楽しみ祝います。太陽のように丸く熱いブリヌイは祭のシンボルとして特別に食べます。その後、キリスト教が入ってきて、たまたま謝肉祭(カーニバル)と同じ日の為、融合し宗教的な意味を持つようになりました。最後に、かかしを燃やして冬と別れを告げ早い春の訪れを願う。ロシア正教会ではミサが盛大に催され子供の踊りや町には露店が並び、お茶と輪型のパン、菓子など販売もされています。
発着地/現地時刻 モデル全日程(赤文字は旅行代金に含む) 食事
@2/17(土)
成田発13:10
モスクワ着17:35
スーズダリ着22:00

SU定期便
着後、日本語ガイド専用車でスーズダリへ白い大平原を4時間。
■夕食はホテルで
祭様式の夕食会
  (H.ソコル泊) X H
A2/18(日) 09:00〜20:00 日本語ガイド付。
スーズダリ滞在
(祭り日)


午前:市内観光と祭り見学、スズダリで最も古いクレムリン内のラジジェストヴェンスキー聖堂でのミサ見学。
昼食:一般家庭で
祭食の交流会
午後:
木造建築博物館マースレニッツア祭と雑貨のお買い物など
夕食はホテルで祭り
料理の小パーティ参加(民謡付き)
  (同上泊) H H
B2/19(月) 09:00〜20:00 日本語ガイドと専用車付。
スーズダリ滞在



(午前)市内観光世界遺産巡り(スーズダリ・クレムリン、13世紀の扉、黄金の門、13世紀のフレスコ画、17世紀な巨大なイコノスタスが残っています。他にリゾパラジェンスキー修道院世界遺産エフフミエフ修道院も見学)
(午後)世界遺産ウラジーミルの
ウスペンスキー大聖堂(旧ロシア正教総本山、黄金の門、ドミトリエフスキー聖堂、他)
  (同上泊) H
C2/20(火)
ス-ズダリ発08:00
セルギエフ・ポサド11:00
モスクワ着15:00
専用車で日本語ガイドと再び白い大平原へ。
セルギエフ・ポサドへ。世界遺産の
トロイツエ・セルギエフ大修道院見学、ホテルへ。
  (H.コスモス泊) H X X
D2/21(水) 09:00〜19:00 日本語ガイド付き。
モスクワ滞在 (午前)世界遺産赤の広場、クレムリン、聖ワシリー寺院
(午後)フリー。ガイドをご自由にお使いください。歩行者天国へ、博物館へ。
■夜、オプション:劇場、他。




  (同上泊) H X X
E2/22(木) 09:00〜出発まで日本語ガイドと専用車付き。

モスクワ発20:00
(午前)ロシア美術の宝庫トレチャコフ美術館
(午後)
世界遺産ノヴォデヴィチ女子修道院、他。
16:00 専用車
で空港へ。
SU定期便
  (機内泊) H X
F2/23(金)  
成田着11:40 着後、解散。 X X
・航空機、ホテル等の変更がある場合料金が変わることがあります。